ファクタリングによる事業資金調達!メリットとデメリットは?

ファクタリングのメリットとは?

事業資金の調達のときにファクタリングを使うメリットはスピーディーな資金調達が可能で、自社の信用情報の影響を受けにくいことです。ファクタリングは二社間で契約を締結すればその日のうちに現金を調達できる可能性も高い方法で、わずか数十万円の調達もスムーズに行うことができます。借り入れをするわけではなく、ファクタリング会社に支払うお金は売掛先が出すことになるので、自社の信用情報よりも売掛先の信用度が重視されることになります。たとえ借り入れが大きくて追加融資を受けるのが難しいときでも、ファクタリングなら資金調達が可能です。また、ファクタリングで調達した事業資金は利用目的も自由なので、様々な可能性を考えて事業を展開していくのが容易になるのもメリットでしょう。

ファクタリングのデメリットとは?

ファクタリングによる資金調達のデメリットは営業利益の低下に直結することです。売掛債権を売却する際に手数料を支払うことになってしまい、常にファクタリングで資金調達をしていると着実に利益が目減りしてしまいます。早めに現金を調達できるという点では優れていますが、早めのタイミングでファクタリングをするとそれだけ手数料も高くなるのが一般的です。そのため、手数料分も加味して利益を上げられるように事業を再検討することが必要になる場合がしばしばあります。一時的な資金調達であれば大きな問題にはならないことが多いですが、長期的に利用していきたい場合には気を付ける必要があるでしょう。

事業を運営するにあたり必要になる事業資金には、自分で捻出する自己資本と融資等外部から調達する他人資本があります。